積水ハウスのマイホーム日記 ~33坪のBe ECORD(ビーエコルド)~

2012年12月完成。29歳のサラリーマン。 一大決心してマイホーム購入に踏み切った。 そのときの話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【おわり】ありがとうございました

今回をもって、このマイホーム日記は終了となります。

新居に住み始めてまだ4ヶ月なので、○○の使い勝手、○○が壊れた、○○買ったよ・・・など今後も日記を更新するネタはあると思いますが、

初回に書いた

「そろそろマイホームをと考えてる人」

「マイホームに憧れている人」

に情報を提供し続けられるかと聞かれたら自信がありません。

なので、今回でおわりです。




「マイホームは3回建てないと満足のいくものにならない」

とよく言われます。

確かに、私の場合

・もう少し駅近にすればよかった
・頭金増やして、もう少し広い家にしたかった
・外構を積水ハウスにお願いすればよかった

など考えればどんどん出てきます。

この先もっと増えることでしょう。

しかし、それらは、あの大変だった打合せのときに積水スタッフと一緒に決め、うちに帰ってからも嫁と一緒に必死に考え、選んだことです。

そう思うと「詰めが甘かったな!やっちまったな!」と笑ってやり過ごせます。




マイホーム「33坪のBe ECORD」。大好きです。

この気持ちも、時間が経つにつれて薄らいでいくこともわかっています。

私も家もどんどん年老いていきます。

そんなとき、この日記を見て、マイホーム建設でわくわくしていた当時の気持ちを思い出そうと思います。




2012年7月にマイホーム建設に向けて本格的に動き出して、12月には住み始めました。

マイホーム日記作成は2012年9月から、翌年4月まで。

その期間、積水ブロガーの日記をたくさん読ませていただきました。

コメントを残すことはめったにありませんでしたが、こっそり読んでいました。

私の中では、このマイホーム日記もマイホーム建設の一部です。

合わせた約10ヶ月。楽しかったです。

そう、楽しむことが一番ですね。




こんな日記でも読んで参考にしてくれた方がいれば幸いです。

どうもありがとうございました。

おわり。



ランキングに参加していますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ



スポンサーサイト
  1. 2013/04/17(水) 12:48:50|
  2. マイホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【コラム13】ホームセキュリティとインターネット

嫁が自宅で仕事してることもあり、ホームセキュリティを入れようと考えています。

その話は、基本嫁に任せているのですが、セキュリティ会社の方から、

「自宅のネット環境はどのようになっていますか?」

と質問があったようだ。


もともと、イー○バイルで家中のパソコンとWi-Fi接続していたのですが、どうやらダメそうでした。
(確かに、イー○バイルが通報装置になるってなんだか心許ない。)


その話と同時に、自宅にFAXを置くことになったので、ナイスタイミングということで、ネットを光にしました。


もち、カカクコムでバッチリキャッシュバック申し込みです。



ホームセキュリティの方はまだ先になりそうですが、光の方は先日無事開通しました。

その足で、電気屋さんに行って無線ルーターを購入して、無線環境にしました。



ネット環境も快適になりました。



つづく。


ランキングに参加していますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ



  1. 2013/04/16(火) 12:53:51|
  2. マイホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【web内覧会11】外構

昨日のお昼に一度更新したのですが、すぐに消去しました。

理由は「写真にモザイクがかかっていなかった」からです。

「あれ?ちゃんと加工してモザイクかけたはずなのに・・・」

とにかく、これはヤバイと思い即消去。



後で確認すると、やっぱりちゃんとモザイクかかっているのね。

むむむ。

モザイクがかかっていない画像を見たのは幻だったのか・・・



ブログ村には新着記事で載ったので、クリックした方もいると思います。

ご迷惑おかけしました。すみません。




戻ります。

フェンス、駐車場の砂利敷きは、積水ではなくて、地元の業者に頼みました。

右前から
DSC05918.jpg

左前から
DSC05921.jpg

左から
DSC05922.jpg

左後ろから
DSC05927.jpg

駐車場
DSC05915.jpg


【web内覧会1】全景」には外構工事前の写真があります。


結論から言えば、

「積水にお願いすればよかった」

です。



その業者の対応云々もあるのですが、それは置いといて、やはり積水でやっておいた方が、質然り、アフターサービス然り・・・、いろんな面で都合がよいと思います。



自分で選んだので何とも言えないですが、コストカットのためフェンスのコンクリートブロックを一番安い無地?のにしましたが、もの足りないです。

もっとシミュレーションして、建物とのバランスを考慮すればよかったと思います。

最後の最後で詰めの甘さが出ちゃいました。

とはいえ、外構も終了し、やるとこ全て完了したので、一安心です。



つづく。


ランキングに参加していますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
  1. 2013/04/16(火) 04:52:33|
  2. マイホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アイテム2】ハンディクリーナー

以前書いた土埃対策および掃除のお助けアイテムです。

我が家では、数年前、結婚祝いで頂いたダイソン(コード付き)を使っています。

ただ、これ、結構重量あるんです。

以前の賃貸マンションでは1フロアで、かつ広くなかったので問題なかったのですが
今は2フロアなので、1F→2Fに運んだり、部屋数も増えたりで、持ち運びが大変なのです。



こないだ、外にコンセントを付けたことをいいことに、ダイソンを外に持ち出して、
車の中を掃除したことがあります。

吸引力はバツグンなのですが、小回りがきかなく苦戦しました。




そういうこともあって、前々からハンディクリーナーを欲しいなーと思っていました。

そこで電気屋さんに行って物色してきました。

結局、ダイソンの「DC34 モーターヘッド」にしました。
DSC05495.jpg



決め手は、吸引力と紙パックがいらないことです。



掃除前(窓を開けなくても侵入してくる土埃です)
DSC05500.jpg

掃除中
DSC05501.jpg

掃除後
DSC05503.jpg


感想。

コンパクトで軽く、使いやすいです。

もうちょい安くなるとうれしいです。


つづく。


ランキングに参加していますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ


  1. 2013/04/11(木) 12:52:07|
  2. マイホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【コラム12】防草シートを破って

雑草が生えてきました。

ぬぬぬ。

抜けばいい話ですが、根っこはシートの下にあるので根っこから抜けないんです。



面倒くさがりの私なので、

「砂利敷じゃなくて、コンクリ打ちにすればよかった」

と思ってしまうのでした。

根気よく草むしりがんばります。

除草剤を使う手もありますが、子供が石を触ったり、舐めたりとかを考えてやめました。




ところで、ウチは

・積水ハウスに依頼した砂利敷(北東西側)
・外構業者に依頼した砂利敷(南側)

の2箇所があるんですが、防草シートの種類が違います。

積水ハウスの方は、フェルトみたいな感じで、外構業者のはナイロン製?です。

なんとなく積水ハウスの方が効果ありそうです。

日当たりのせいもありますが、積水ハウスの方は、栓(水道、ガスなど)やコンクリブロックの境界以外には雑草は生えていません。

一方、外構業者の方も基本境界から生えているのですが、中には砂利のど真ん中から防草シートを破って生えているものもあります。

DSC05933.jpg

DSC05936.jpg

防草シートの種類により防草効果が違うのかな?




いずれ防草シートがボロボロになって交換時期がきたら、種類選びには注意が必要かも?

アドバイスあればよろしくお願いします。



つづく。


ランキングに参加していますので、クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ



  1. 2013/04/09(火) 12:51:26|
  2. マイホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

lalalism

Author:lalalism
ただのサラリーマンです。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。